【気づき1954】〔自分の幸せは自分で決める〕
2017 / 06 / 23 ( Fri )





◆小さいこどもの頃のことですが、


勉強ができるかどうかで将来が変わってくることはなんとなくわかっていました。



大人に近づいたら、


経済や政治のことを理解できることが、


社会を行く抜くためには必要な知識であることも実際わかりました。



◆そういう意味では、人による程度の差こそあれ、


自然に競争原理のなかに組み込まれて生きてきたことがよくわかります。



それゆえ、勉強が身につくかつかないということ以前に、


勉強ができる環境であったかどうかで


人と差ができることを切なく思った人も多くいたと思います。



◆しかし、もし、自分の境遇を後悔したり、


人をうらやむことで心の中がいっぱいになってしまうと、


必要なことに気持ちを向けられなくなり、


結果的によい方向に向かうことができなくなります。



そんな思いでいるより、


自分が恵まれていることにも目を向け、


そのことに対して感謝するほうがよほど幸せになれると思います。



◆経済原理からすると、


幸せになるためには戦いに勝って上にいくことが必要です。



しかし、心の平穏ということを基準にすると、


戦い続けることは幸せから遠ざかっていくことにつながります。



そこで肝心となることは、自分がどのスタンスを選択するかということです。



◆世間体を気にしないで、


自分が求める、あるいは居心地のいい立ち位置を自分で見つけ、


どうしたらそこに立っていられるかを考え、決断し、


そして実行することではないでしょうか。



◆幸せの形というものは人によって違うものなのです。



人のいう形に合わせて窮屈さを感じるのか、


それとも自分をさらけ出して居心地の良い時間を過ごすのか。



すべては、自分にかかっているのです。



         親孝行実行委員会 編 

            →   親が死ぬまでにしたい55のこと



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

05:53:56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1955】〔禍福はあざなえる縄のごとし〕 | ホーム | 【気づき1953】〔国を左右する人々の資質を考え、現状を鑑みる〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3689-a8462648
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |