【気づき1957】〔自分の考えに意見をもらえる場は貴重〕
2017 / 06 / 26 ( Mon )





◆「なぜ生きる」「なぜ働くのか」などという、


すこしむずかしい課題について人と話をする機会はほとんどありません。



学生時代にはそのような議論をすることもあるでしょうが、


人生半ばにしてそれをあらためて確認する場はなかなかありません。



◆でも、個人としてはその答えを見つけたいので、


考えることもしますし、本を読むということもします。



なぜなら、その問いに対する自分にとっての答えは、


生きる原動力になるからです。



生きている時間をより実りのあるものにできると感じるからです。



◆これまで、いろんなタイミングで多くの本を読み、


そして幸運にも何度か読むような本にも出会いました。



その自分がたどった読書の系譜をたどると、


致知出版社で出版されている方の本がかなりありました。



ある程度の期間、ある量の読書をしてきた結果です。



◆そこで思うのは、


今の年齢で今思うことを人に伝えて感想を聞かせてもらったり、


周りの人はどのように考えているのかを知りたいということです。



この文章を書いているのもそういう思いの下に書いていますが、


実際に人と向き合って、


しかも年代や立場を超えての意見の交換が貴重に思えるのです。



◆幸いにも、そのような場を主催してくださっている人生の先輩がいらっしゃいます。



その方に感謝し、その場を活用させていただきたいと思います。



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:28:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1958】〔思い方の強要、その結末は〕 | ホーム | 【気づき1956】〔石油業界から見える、日本の憂慮すべき将来像〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3692-b1d2d6d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |