【気づき1961】〔人工知能がもてはやされる理由〕
2017 / 06 / 30 ( Fri )





◆これまで有能である先人が並々ならぬ努力を積み重ねてくれたおかげで、


人の寿命は伸び、より快活に、より快適に人生を堪能できるようになりました。



心から感謝すべきことです。



そのような実績のなかで先人は数々の失敗もしてきました。



しかし、その失敗が人にとって役に立つ事実をつきとめるために


大きく役立ったこともあるのです。



◆この功績に貢献した偶然性を、


人工知能は偶然ではなくより緻密な計画により、


必然として探り当てることを可能にすると言います。



なぜなら、膨大なデータをすべて頭に取り込むことは


生身の人間にはむずかしいです。



しかも、新たな論文が年に20も30も発表される分野においては、


導き出したい結果を得ることは


人間の処理能力ではとうていむずかしくなってくるのです。



◆研究に地道さが必要であることは紛れもない事実ですが、


膨大なデータを処理して分析するには地道さだけでは


とうてい間に合わないのです。



間違いを途中で修正してまた実験をやり直すということを繰り返すとき、


「このプロセスの結果が固定しているから省こう」、


また、


「必要のないプロセスだと判明したから省略する」ということなど、


何万通りの方法のなかでの結果を確実に積み重ねていくことは至難の技なのです。



◆1つのテーマに対する現存するデータ、


そして新たに加わったデータをすべて加味し、


しかも、分析する際に考えられることをすべて網羅して確認し尽くすということは


人間の能力では手に余ります。



人工知能にその部分は担ってもらい、


人間の果たすべき役割をこなすことが、


これからの人類の発展に寄与する時代を迎えています。



◆ただ人間の作った人工知能に人間が支配されない手立てがないままだと


怖ろしいことになりかねません。



人間が人工知能に支配されないための手立てについても研究されながら


人工知能が発達していくことは、


今後の人類にとって大きなプラスとなるのではないでしょうか。



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

10:51:27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1962】〔気働きが、「できる」「できない」で人生は変わる〕 | ホーム | 【気づき1960】〔自分にとって『生きる』とは、どうすることなのか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3696-c9b1e38d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |