【気づき1969】〔『継続は力なり』 -継続する題材を見つけ、そして自分も力を獲得する〕
2017 / 07 / 08 ( Sat )





◆「継続は力なり」と言います。



でも、いったいなぜそういう格言が言い伝えられているのかを


考えたことはあるでしょうか。



この言葉を、自分の言葉で説明できるでしょうか。



◆ひとつのことを継続するということは、


自分自身の個人的なことであったとしても、


確実に使命感が必要です。



また、当然持続した緊張感も求められます。



まずはそういうことを考えただけでも、


継続はたやすくできるものではないのです。



◆もともと、多くの人はあきっぽいものです。



面白いことがあれば皆がそちらに流れ、


しばらくするとすぐに忘れ去られるのが通常の流れです。



そういうなかで、ひとつのことを継続するから、


それができるということだけでまずは力と言えるのではないでしょうか。



また、技術や知識を身にしみ込ませるためには


時間がかかるということを考えると、


継続することにより目指す力を獲得できるという意味でも力になると言えます。



しかも、先述した緊張感の持続というものは、ある意味修業です。



この禁欲さが賞賛に値することにもなるのではないでしょうか。



◆さらには、やり続けた人だけが、


やり続けたあとに見えるもの,感じることを自分の感覚で味わうことができるのです。



続けた結果、成果がさほど上がらなかったとしても、


そこには自分の限界が見えます。



それを見たことがある人だけが、


自分が技術を伝えようとする人に、


どのようにしたらいいかを具体的に伝えることができます。



また、どうやれば成長できるかを肌で感じ取ることができるのです。



◆どんなことでもいいです。



自分がやり続けたいことを1つでもいいから見つけられることは、


その人にとって生きる上での宝になるのです。



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

07:20:55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1970】〔2時間歩くとわかること〕 | ホーム | 【気づき1968】〔日本の現リーダーが消え去る過程を、中国の古典は予言している〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3704-e78ecac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |