【気づき1983】〔国際的に生き残れる日本になるために〕
2017 / 07 / 22 ( Sat )





◆阪神大震災が起こったとき、


「社会のために働く」という意識が多くの人に芽生えました。



実際にアンケートでもその意向が反映されましたし、


震災3年後にNPO法が成立したこともそのことを端的に物語っています。



◆このエピソードを耳にし、


もともと根付いていた東洋人としての感性が呼び覚まされた瞬間であるように当時感じました。



しかも、欧米式の実績主義を取り入れ、年功序列を排除し、


組織の人件費の配分のやり直し、


経費の節約を意図した組織内の殺伐とした空気にさいなまれていた人たちの、


当然の行動であったのかもしれないとも考えました。



◆そしていま、


言葉に出して確認する機会がほとんどないことですが、


多くの人が「働く意義がなんであるのか」についての答えを探しているように思います。



日本古来、東洋古来の考えを学校で学ぶ機会がなくなったことも、


その大きな原因の1つではないかと感じます。



◆第二次世界大戦前後で、日本の道徳教育は大きく変わりました。



この変化は歴史の流れの中で必然でしたが、


今こそ、再び、


道徳や生きることや仕事に対する教育について


国として考え直すべき時期を迎えているのではないかと思います。



◆交通機関の発達やITによるグローバル化の時代、


そのぶん国際的に太刀打ちできる特徴を発揮しないと生き残れない時代に、


日本という国の独自性や特長を発揮するために


それは有効な手段になるのではないかとも感じるのです。



      北尾 吉孝  著

           → 実践版安岡正篤



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

10:11:16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき1984】〔あなたは節操のある生き方をしていますか〕 | ホーム | 【気づき1982】〔自得を成して、世界平和に貢献〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3718-67a68f9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |