【気づき2004】〔『年のわりには若い』と言われるための秘訣〕
2017 / 08 / 12 ( Sat )





◆年をとっていくということは、


命の限られた生き物である私たちは避けることができません。



だから、年を取っていくことは仕方がないことなのですが、


老けているよりは若々しくいたいと思うのは自然な気持ちです。



◆だからこそ、老けこんでしまわないために、


健康に注意して、活力を維持していくことが必要でしょう。



また、それとともに、やはり古来より先人もはっきりと指摘しているように、


老けこまない心の持ちようを持続させることも非常に大切です。



◆「憤を発して食を忘れ、楽しんで以て憂を忘れ、

老いの将に至らんとするを知らざるなり」

(『論語』)



「不健康、早く老いることの原因は、肉体より精神にあります。

精神に感激性のなくなることにあります。

物に感じなくなる、身辺の雑事、日常の俗務以外に感じなくなる、

向上の大事に感激性を持たなくなる、これが一番いけません」

(安岡正篤著『運命を創る』)



◆いきいきと生きることができるための自分なりの課題を見つけることが、


気持ちに張りを持たせる一番大きなきっかけとなります。



ただし、課題を見つけたら、


それに伴い心や体を動かすことが必然的に増えるはずです。



それをめんどうと思わずに、


心素直に心も体も動かすことが基本となるのではないでしょうか。



      北尾 吉孝  著

           → 実践版安岡正篤



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:08:56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2005】〔仕事に行きたくないのは、なぜ?〕 | ホーム | 【気づき2003】〔腰をすえて取りこぼしのない仕事をするための条件〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3739-9b0f9707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |