【気づき2031】〔人が求めるものを心に届けるにも謙虚さが必要〕
2017 / 09 / 08 ( Fri )





◆収益を上げようとするのであれば、


人がお金を出しても欲しいというものを調べたり考えたりしなければなりません。



そして、実際に、


買ってもらえるものを目に見える物にするということが必要となります。



◆それと同様に、


儲けではなく無償で人の役に立つ情報を提供しようとする場合にも、


何がどのように役に立つのかを考えたり調べたりしなければなりません。



しかも、


情報をどうしたら受け取りやすくなるかについても丁寧に確認した上で提供しないと、


目的が達成されにくいのが実状です。その点も考慮することが必要です。



◆商売にせよ、ボランティア的な動き方にせよ、


「これは皆が求めるものだから、自然と受け入れられるものだ」というスタンスは、


結果的に傲慢な考え方となります。



そういう思い方が、達成を遠ざけるようです。



◆どんなにいいものであっても、


それを求めている人が抵抗なく受け入れてくれないと意味がありません。



そのために、工夫,努力に加えて、


きちんと受け止めてもらうための慎重さ、謙虚さを


忘れてはいけないことは鉄則のようです。



      森 信三  著

           → 修身教授録 現代に甦る人間学の要諦



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

15:48:05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2032】〔『休み明けに仕事に行きたくない』理由を知る〕 | ホーム | 【気づき2030】〔大人になっても、復習は大事〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3766-b775e8e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |