【気づき2063】〔人生を豊かにするため、今後の人との関わり方に関心を持つ〕
2017 / 10 / 10 ( Tue )





◆自分が幼い頃、


または若い頃に住んでいた町というものは、


自分にとってなじみのある所ですから、


勝手もわかるし、いたるところに思い出が染みついています。



◆「ここで、貯金通帳を拾って交番にとどけたなぁ」


「この店の女将さんに商店街の夜回り当番を頼まれて、

かわりにうな丼をごちそうになったなぁ」


「郵便物の誤配があったので(しかも大学の受験票)、

近所だったのでその住所に届けたことがあったなぁ」



◆もう35年も40年も前のことなのに、


起こったことやそれにまつわる場所はしっかりと覚えているものです。



そして、思い出すときに、


当時お付き合いをいただいていた方々の笑顔も同時に思い起こされ、


心がぽかぽかしてきます。



◆この連休に高校時代の同窓会があり、


先輩や後輩も交えて総勢20名ほどと会うことができました。



一緒に過ごしていたのは35年~40年前です。



時間が空いていたにもかかわらず、


会った瞬間に当時の気持ちに立ち返ることができました。



◆ひさしぶりに会える喜びを感じ、


会うことができる機会があることに感謝しました。



さらには、数十年前に出会えたこと、


その関係を維持できる人付き合いができるように


親に育ててもらえたことにも思いが至り、


あらためて感謝の気持ちがわいてきます。



◆今回感じたように、


なじみの場所や自分が所属した集団のなかでのなじみの関係が、


自分の人生を豊かにしてくれることは間違いのないことです。



ただ、時期によれば、所属した集団のことを思い出したくない場合もあるでしょう。



しかしそれを悔やんでも仕方がないので、


これから先のことに目を向け、


今の自分のあり方を変えていくことを決意すればいいとも思いました。



       森 信三  著

           → 修身教授録 現代に甦る人間学の要諦




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:32:01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2064】〔心の箍(タガ)が緩んでいる日本〕 | ホーム | 【気づき2062】〔歯痛をきっかけに、自分を振り返る〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3799-1fa75619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |