【気づき2064】〔心の箍(タガ)が緩んでいる日本〕
2017 / 10 / 11 ( Wed )





◆以前、雪印,不二家が食の安全を侵し、


三菱自動車はデータ改ざんで命の安全を侵しました。



そしていま、ニッサン、神戸製鋼での不正が発覚しました。



製造業で世界の覇権をとり経済大国といわれるまでになったのに、


東南アジア各国の猛追にあった日本。



国として次なる成長のプロセスを積み重ねなければいけないのに、


その段取りができていないのがいまの日本の現状です。



◆策を講じて次なる努力を重ねるべき時期であるのに、この体たらくです。



これは緊張感がないからでしょうか、


それとも、


この国の多くの人が前に進むことをあきらめてしまったのでしょうか。



◆北条氏綱や東郷平八郎という先人は、


「勝利をおさめたからといっていい気になるな。足元をすくわれないように心せよ」


と教えてくれています。



しかし、今の日本は勝っているどころか負けているのです。



この期に及んでも兜の緒を締め直すことができないままで、


この日本は大丈夫でしょうか。



◆政治家は権力闘争に力を注ぎ、


国としての行く末を考えるような状態ではなく、


企業は企業で退廃の道を自ら選んで進んでいます。



少なくとも緊張感を維持し、


いまの日本に何が必要かを考えていく人が増えていかないと


さらに救いがたい状況を迎えます。



◆一人ひとりが真剣に将来の日本のことを考え、


行動していくべき状況を迎えていることは間違いありません。



       森 信三  著

           → 修身教授録 現代に甦る人間学の要諦




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

16:46:50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2065】〔心を込めて、天から金メダルをもらう〕 | ホーム | 【気づき2063】〔人生を豊かにするため、今後の人との関わり方に関心を持つ〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3800-e33e6e15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |