FC2ブログ
【気づき2080】〔定年間近に、自分の生き方を再確認〕
2017 / 10 / 27 ( Fri )





◆学校を卒業して社会に出る頃に、


「世の役に立つ、一生かかわっていきたいと思う仕事を探す」


という考えをもっていました。



その思いは純粋ですてきなことであったと思います。



しかし、当時の年齢や経験を考えると、


中身はさほど濃くないものであったと思います。



◆それから30年以上経った今、


当時の自分の思いにそって探した仕事につけたことは


幸運であったと思います。



また、若いときには考えが至りませんでしたが、


時間の流れのなかで


自分のやりたいことが変化していくこともあることも知りました。



その考えにそって方向転換できるとしたら


それもまた幸運なことだと思うようにもなりました。



◆そして、定年を間近に控え、


「なぜ働くのか」ということについてもあらためて考えるようになりました。



当然飯を食うためでもありますし、


若い頃の気持ちに変わりはありません。



若い頃と大きく変わった点は、


せっかく働くのであったら、


どんな仕事でも世の中のためになると信じ、


目の前のことに誠心誠意心を込めて当たるという思いが強く根付いたことです。



◆その契機は東日本大震災でした。



思いもかけないタイミングで、家や家族を突然失い、


生活が根こそぎ変化させられた方々の話を聞き、


また図らずも命を亡くされた多くの人がいる事実をつきつけられ、


そう考えずにはいられなくなったのです。



◆「ふだん通りに生きられることがどれほど恵まれていることか」



これまで感謝が足らなかったことを教えられ、


そしてこれから自分だけのことではなく、


たとえ力は小さくても世のために働くという思いを確認し、


思ったことは実行しようと思うようになりました。



◆「自分の目の前にあるやるべきことに

心を乱さずに世のためと思い向き合い、

さらに自分が人のためにできることを確認して実行すること」


それが自分のやるべきことと今、思っています。



30年前と違い、


仕事とかプライベートとかの境界を設ける気持ちがなくなったことが


一番大きな変化かもしれません。



       田坂 広志  著

           → 仕事の思想 なぜ我々は働くのか (PHP文庫)




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:37:36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2081】〔中国古典に、自分が失敗した理由を求める〕 | ホーム | 【気づき2079】〔人前で話すときの自分の癖を、事後自分でチェックせよ〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3816-95f9a692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |