FC2ブログ
【気づき2169】〔一歩一歩の実直さが生きる上での基本〕
2018 / 01 / 24 ( Wed )





◆積雪に慣れていない地域の人は、雪がつもるたびにあたふたします。



タイヤチェーンもつけずに街を走り、


坂道を登りきれずに道を塞ぐということを毎回繰り返します。



◆あまり経験することがないため、


前回起こったことを忘れてしまっていることと、


ふだんの便利さを手放したくない気持ちがあいまってそういうことになるのでしょう。



◆久しぶりに雪が積もった日に、


「今回もまた同じことをやるのか」などと思うとともに、


こういう日にバスや電車がいつも通りに運行されないことを見越して、


朝早くから歩いて駅に向かう多くのサラリーマンを見かけ感心します。



◆歩きにくい道を一歩一歩前に進むその実直さ。



これがこれまでの日本を支えてきたのかと感じる場面です。



そして自分はというと、雪の日はこれまで確実に雪かきです。



広い駐車場を眺め、


「いつまでやれば終わるのだろう」という気持ちになりますが、


スコップでの1回1回の動きが目標達成につながることを確認し、


無心に体を動かします



◆この無心に、目の前のことを少しずつ積み重ねることが大事なのだと、


雪の日に思い起こす機会をもらっています。



これが、生きていく上での基本であることをかみしめた一日でした。




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:32:29 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2170】〔目標は、『どこの組織でも機能する自分になる』〕 | ホーム | 【気づき2168】〔『素でいられる幸せ』を得るためには〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3905-29bf2936
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |