【気づき2173】〔自分の信念や使命感を言葉にする〕
2018 / 01 / 28 ( Sun )





◆年齢が若いうちは、いろんなことが勢いでなんとかなるものです。



仕事にせよ、プライベートにせよ、


没頭したらある程度のことはできてしまい、


それなりに満足感を得ることもできるのです。



◆しかし、ただ勢いにまかせるだけでは、


そのプロセスで信念や使命感を感じ取ることはできにくいものです。



生き方の軸となるものは、


それをさがそうとする気持ちや


しばらくやり続けていることに対してその意味を見出そうとする


心の働きがなければなかなか見えないものです。



◆いくつになってからでもいいから、


「なぜ生きる」「どう生きる」「なぜ働く」などということについて考え、


自分なりに信念や使命感を確認することは大切です。



◆あの松下幸之助氏でさえ、


「人より強い信念や使命感を、常に持っていたわけではない」


「勇気を奮い起こして社員に話をする。

そのことによって、信念なり使命感をより強固にしてきた」


というぐらいですから、エネルギーのいることかもしれません。



◆もし、信念や使命感という言葉が身近でないとしたら、


「自分にとっての意味」と考え、


時間がかかったとしてもそれを言葉にしてみてはどうでしょうか。




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:42:05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2174】〔希望はどこにあるか〕 | ホーム | 【気づき2172】〔効率良く問題を解決する、当たり前の方法〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3909-0d2d8b01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |