FC2ブログ
【気づき2185】〔年をとっても生活できる試算はできていますか〕
2018 / 02 / 09 ( Fri )





◆生きていくためには、当然お金が必要です。



収入,支出について、長い間の予定を立てることが求められます。



何歳まで働くのか、退職後の収入はいくらになるのか。



そのようなことを考えると、


いくつまで生きるのかについても考えに入れたほうがいいようにも思えます。



◆支出について考えてみても、光熱費,食費だけでなく、


住居にかかる費用についても考慮しなければなりません。



持ち家であったとしても安心できないのです。



時間が経てば経つほど老朽化しますし、


不運にも地震などの影響を受けることもあるのです。



ほかにも、保険,学費など、


家族も含めたライフプランを立てなくてはなりません。



◆日系ビジネスの2月5日号に、


長寿リスクについての記事が掲載されています。



現在の10歳の50%は、107歳まで生きるという予想です。



20歳の半分は、100歳。40歳の半分は、95歳まで生きるというのです。



60歳でも、50%は90歳まで生きるという見通しです。



これから先、20年後、30年後の、


自分の健康状態はどうか、


家族はどうなっているか、


日本の経済状況はどうなのかなど、


不透明,不確定なことばかりです。



しかし、そんな条件の中でも軸となるという計画を据えておかなければ、


その都度必要になる修正をすること自体が不可能になります。



◆「現時点でのライフプランを立てる」



これは、年齢に関係のない、


今の時代に生きる人、共通の課題です。




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:40:04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2186】〔『神対応』に誘導し、『対応がすばらしい』という怪〕 | ホーム | 【気づき2184】〔ピンチを迎えたときに確認すること〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3921-6a997d87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |