【気づき2188】〔人の心を打ち震わせるものは何なのか〕
2018 / 02 / 12 ( Mon )





◆下積み時代という言葉があります。



人生を振り返った際にこの言葉を使うことができるということは、


成功の時代を迎えることができたということになるのでしょう。



◆では、その下積みという時に何を積み上げたのでしょうか。



仕事であろうとプライベートであろうと、


事を始めた当初は、


誰にでもできることからはじめ、それを継続し、


そのなかで知識、技術、そして精神的なタフさや人格をつくっていくことになります。



そのときどきを、まじめであろうとそうでなかろうと、


真正面から向き合って、真正面から風を受けて、


自分なりの風の受け方を覚え、それを生き様とすることなのでしょう。



◆音楽チャンプというテレビ番組で、


新潟の琴音という高校1年生の歌声を聴いて驚きました。



画面には「天才少女」と書いてありましたが、


確かにその歌声が心に迫ってくるという経験をしました。



まだ17歳。



なのに人の心を打ち震わせることができるのです。



◆天才は天才といいわれるだけあって、


当人も気づかないうちに備わっている才能があるのかもしれません。



しかし、もしかしたら、


人が理解できないほどの大きな密度の濃い何かを背負ったからこそ、


年若きといえども才能を開花させたのかもしれません。



◆「年齢が上になるほど、苦労はもう充分」などという感覚があります。



しかし、どれだけ背負ったかわからないほどの苦労しかしていないと思うのであれば、


年齢は気にせずに、降りかかる課題を受け止め、感じて、


それを心の充実に変えるような生き方をしたいと、


17歳の少女にあらためて教えてもらいました。




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

14:41:08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2189】〔『注目される』と『取り立てられる』は別物〕 | ホーム | 【気づき2187】〔『人間って何だろう』-AIとの共存に必要なもの〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3924-e43dc34a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |