FC2ブログ
【気づき2190】〔生き方のぶれない軸を古典より学ぶ〕
2018 / 02 / 14 ( Wed )





◆中国の古典である書経のなかに、


五福六極という言葉が記されています。



五福とは、長寿であること、経済的に余裕があること、


心身ともに健康である事、善良な心をもつこと、天寿をまっとうすることです。



そして六極(六つの災い)とは、


短命、疾病、憂慮、貧乏、悪事、衰弱のことをいうようです。



◆健康で長生きすることが人としての幸せの大元であることを表しています。



そのなかにあって、福の1つに善良な心をもつことが含まれ、


極の1つに悪事があげられていることは興味深いところです。



◆孔子も論語のなかで、


「人がこの世に生かされているのは真っ直ぐに生きているからだ。

もし曲がった人生を送っている者がいても、それはこれまで運が良かっただけである」


と言っています。



正直さを欠くと人生に悪影響が生じ、


ある時期うまくいったとしてもそれは長続きしないということです。



◆このような生き方のお手本が、中国の古典のなかにはちりばめられています。



ただし、中国の古典とひと言に言っても、


非常に多くあり、四書五経を読み込むことさえかなりの労力を要します。



そこで、自分が繰り返し読みたいかどうかを確認するだけで


長い年月がかかってしまうことになります。



◆その膨大な情報のなかからエッセンスを学ぶ一つの糸口として、


日本の儒者の記した著書を学ぶという方法があると思います。



中江藤樹「翁問答」、関一楽「冥加訓」、石田梅岩「都鄙問答」など、


いまなお読み継がれている本に触れ、


自分の生き方の軸を再確認するという視点です。



そういうところから、逆に中国の古典にさかのぼるという方法もあるのではないでしょうか。



◆「生き方のぶれない軸を得る」



そんな読書の時間を持つことは人生を豊かにします。




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:39:49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2191】〔志,夢,理想を持つ意味と、その定め方〕 | ホーム | 【気づき2189】〔『注目される』と『取り立てられる』は別物〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3926-7c72aa29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |