FC2ブログ
【気づき2196】〔待つことができるのも、実力のうち〕
2018 / 02 / 20 ( Tue )





◆街なかを走る車の動きを見ていると、


その車のドライバーの運転技能のレベルを予想できるものです。



とくに、運転中に前を走る車の様子は手に取るようによくわかります。



車線のどのあたりを走っているか、


ブレークのタイミングはどうか、


スピードの強弱のつけ方はどうかを見るだけでわかるのです。



◆それ以上に、


狭い道での行き違いの際には運転の実力がはっきりと現われます。



車がすれ違うわけですから、


車幅の感覚が身についているかどうかが一番大きなポイントになります。



車幅をキャッチできる自信があれば、


すれ違うことができるポイントがどこかを察知できます。



つまり、先に起こることに対応するすべを何通りか想定できるのです。



しかし、そういう力がないと、


進んでいいのか待てばいいのかの判断がつきません。



その結果、出たところ勝負のようなことになってしまいます。



◆人というものは、慌てると先を急ぐことになります。



その場を早くクリアしたいと思うからですし、


考える余裕もなくなるので先に行くしかなくなるのです。



そこで失敗しないためには、「待つ力」が必要になります。



しかも、ただ待つだけでは意味がありません。



待つ間に、考えた手立てを実行できる実力をその時点ですでに持っていなければ


真価を発揮できないことになるのです。



◆何事においても、初心者はがむしゃらに立ち向かっていくしか手がありません。



その経験を積み重ね、


やっていることになれて自然に効率があがることが第一段階となります。



その後にようやく効率を上げる工夫をすることができ、


そして広い視野で判断できるようになり、


手順を見直して改善を計ることができるようになります。



◆そしてさらに進歩するために、


待つという手法を身につけることになります。



待つということ自体にも当然練習が必要になり、


まずは、「ここで待つ」ということに気づき、


その判断にしたがってそのとおりに待つことを繰り返すのです。



◆結局、これができるためには、


自身の気持ちをコントロールするという、


目に見えない高度な精神状態を体得することが求められることがわかります。



      渋沢 栄一 著  

         →  渋沢栄一論語の読み方




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

07:28:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2197】〔わたしたち一人ひとりも『人生の金メダル』を〕 | ホーム | 【気づき2195】〔かつらの人を気にするのはなぜ?〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3932-cd48885f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |