FC2ブログ
【気づき2208】〔AIができない能力を磨き、生き残る時代〕
2018 / 03 / 04 ( Sun )





◆AIの発展により、今後働き方が変わってくることになります。



時短が今の産業界では大きなテーマになっていますが、


AIが普及すればするほど自然と時短に拍車がかかり、


ゆくゆくは労働者が給料を確保したいがために、


かえって働く時間を要求するようなことにもなりかねません。



◆しかも、


AIによって迅速でかつ高い精度で機能する分野がはっきりしてくると、


当然ながらそこはAI独占の領域となります。



人間がやることは、AIができないクリエイティブな仕事だけになります。



人がやるのは単純作業ではなく、考え出したり、創り出す仕事になるのです。



◆すでに、1993年、社会学者のジョージ・リッツァ氏が


「マクドナルド化する社会」という著書の中で、


「低賃金で、技術レベルが低い、将来性のない仕事」という意味で


「マックジョブ」という用語を使用しています。



◆これから先、


どの仕事がマックジョブかがはっきり示されるようになるのは明らかです。



しかも、現時点でクリエイティブと捉えられている仕事のなかでも、


AIにとって変わられるところもあることに注意が必要です。



たとえば、デザインを考える際、


色使いや模様の組み合わせはAIの方が瞬時に、


より多くの提案をすることが可能です。



人間がやるのはその後の、


色合いの峻別、色の組み合わせの意味、線使いの意味、印象などにおいて


人に訴える部分を調整するようになるというのです。

(日経ビジネス,2018年2月19日号参照)



◆何を自分の武器とするか、それを確認し、準備し、磨くことが


今後の職業人には求められます。



生きることがより厳しくなる時代を迎えようとしているのは


間違いないようです。



      渋沢 栄一 著  

         →  渋沢栄一論語の読み方




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:59:37 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2209】〔一人で生きるか、人とつながって生きるか〕 | ホーム | 【気づき2207】〔地に足のついた生き方をめざす〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3944-7783dfb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |