FC2ブログ
【気づき2211】〔人を幸せにしない笑いもある〕
2018 / 03 / 07 ( Wed )





◆笑いとは、人の心を温かくし、人と人をつなぐ力をもっています。



しかし、このすばらしい力を発揮する行為が、


場面により人の心をかたくなにし、


人との関係を壊すこともあることに要注意です。



◆人がちょっとしたミスをしたときに、周りが笑うことがあります。



笑っている人が親しみを込めているとしても、


当の本人が心象を害していることもあるのです。



そういう状況を迎えているとしても


それに気づかないまま笑い続けている人を見かけます。



それはお互いの関係の上でマイナスになる行為です。



◆また、場合により、


周りの雰囲気とは関係なく、笑いたいから笑うという人もいます。



たとえば、電話中に周りのことを全く気にしないで大声で笑っている人です。



いわゆる「浮いている」状態に自分がいることに気づかないのです。



◆笑いが人を幸せにするためには、調和が必要です。



笑わせる人、笑う人のどちらも笑いを求めているときに、


そこに幸せな楽しい時間が訪れます。



◆人は楽しいときに笑いますが、


そのときに回りを感じる気持ちがあればもっと楽しめます。



そこを感じられないと、


笑いというせっかくの幸せのための切り札が全く逆効果になってしまいます。



      渋沢 栄一 著  

         →  渋沢栄一論語の読み方




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:32:06 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2212】〔日本で生まれ育った人は、自分の国日本のことを知っているか〕 | ホーム | 【気づき2210】〔『休憩は取らない』人は、仕事ができる人なのか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3947-9b0026ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |