FC2ブログ
【気づき2220】〔そんなに急いで、どこいくの?〕
2018 / 03 / 16 ( Fri )





◆今年に入り、肩に力が入っていないかを常に意識するようにしています。



すると、ふとしたことで体に力が入ってしまっていることがわかりました。



アスリートがよく、


「力んでしまったので、タイムが伸びませんでした」とコメントすることがあります。



この不具合は、


運動だけではなく心の持ちようにおいても同じように良くない結果を招くと感じます。



◆体に力が入る原因についてじっくり考えて見ますと、


どうも目の前のことをすぐに片付けて


次にやることにすぐに取り掛かりたいという思いが影響しているようです。



そのような自分に対してかけてあげたい言葉は、


「なぜ、そんなに急ぐの?」ということです。



◆目標を設定しその達成に向けて努力をしているときは、


時間を切り詰めて過ごします。



確かに、受験勉強をしているときは、


「ここまで勉強すればいい」という区切りが合格発表の日までありませんでした。



もしかしたら、今の時間の過ごし方は、


高校受験,大学受験のときの思い方をそのまま続けているだけなのかもしれません。



◆その原因はどうであれ、


常に力んで前に向かって突き進むだけでは、


その時々にし忘れてしまうことがあります。



それは、コンパクトに表現すると、見忘れ、感じ忘れです。



つまり、そのときどきに自分の周りにあるものは常に変化していくものです。



それを見忘れてます。



また、それをじっくり眺めていたら、


そのたびにいろんな思いや考えが浮かぶはずです。



そのような経験をすべて抜きにして、


感じることをしないまま突き進んでいるのが今の自分のあり方です。



◆風景を見ていないと、


心に焼き付けるようなチャンスはなくなってしまいます。



また、それ以上の大きな損失は、


人とかかわる時間をじっくり取ることができないということです。



人と話をしていても、落ち着いて聞けていないでしょうから、


相手はじっくり話をしたという思いには至らないでしょう。



そうなると、相手は話を聞いてもらったという満足感を得ることはできないでしょうから、


人間関係を深めていくことにはつながらないと考えたほうが自然です。



◆常に、深呼吸。



立ち止まって、そのときの状況にあわせて動きだすこととします。



      渋沢 栄一 著  

         →  渋沢栄一論語の読み方




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:11:08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2221】〔『支配される』ではなく、『活用する』視点でAIを考える〕 | ホーム | 【気づき2219】〔社会人として生き抜くために、どうしても必要なこと〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3956-3b20605d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |