【気づき2221】〔『支配される』ではなく、『活用する』視点でAIを考える〕
2018 / 03 / 17 ( Sat )





◆技術革新は、人の生活に大きな影響を与えます。



たとえば、


輸送や移動の手段が船や鉄道しかなかったところに


飛行機という技術が導入されたとき、


物も人も移動にかかる時間が大幅に減少しました。



それは、外交など遠方の国同士の話し合いなどにも影響し、


世界の動向も左右することになりました。



◆1990年代の後半、


マイクロソフト社のウインドウズというOS搭載のパソコンが普及した際、


仕事の効率は爆発的に向上しました。



それまで、特定の人しか利用していなかったコンピュータが広く普及し、


まさしくパーソナルコンピュータという位置づけになったのです。



◆人類はこれまでに、幾度となく技術革新による時代の激変を経験してきました。



そのたびに社会情勢にまで影響が出て、


人々の生活も大きく変わっていったのです。



そして、その都度「技術革新により人間が疎外される」ということが取り上げられたのでした。



◆目下、AIの進歩のことが多岐の分野においてもてはやされています。



たしかに、AIは膨大な量のデータを休まず処理できます。



生身の人間は絶対にかないません。



そこで、人間のする仕事の多くがAIにとって変わられると言われています。



◆しかし、「機械は速い、休まないですむ」という点だけに注目するのでは足りません。



人間には、思考に感情を交えた上で情報処理をするという特性があります。



感情,思い,感動などを人間の個性として取り上げ、研究がなされ、


これまでにない人間の存在の仕方が追求される時代を


迎えたというとらえ方も必要なのではないでしょうか。



      渋沢 栄一 著  

         →  渋沢栄一論語の読み方




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

08:54:15 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2222】〔上司が部下に指示するときに忘れてはいけないこと〕 | ホーム | 【気づき2220】〔そんなに急いで、どこいくの?〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3957-59c8ccee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |