【気づき2229】〔鏡を見る習慣で、人生を変える〕
2018 / 03 / 25 ( Sun )





◆どらえもんの映画を子どもと一緒に見ていたら、


どらえもんの偽者が登場してきました。



のび太くん達を陥れようとしているその偽者の顔つきは、


明らかに悪者の顔でした。



◆自分が学生の頃に見たウルトランマンにも、


にせウルトラマンが登場したことを思い出しました。



その目元、口元は、はっきりと悪者をイメージさせるものでした。



◆人から自分はどのように見えているのかを確認するために、


私達は鏡を見ます。



その際に、髪の毛や服装は確認しますが、


顔の表情までチェックをすることがあるかどうかをふと考えました。



◆ふだんの顔つきが悪者のようであることは少ないように思いますが、


より良い印象の表情というものはきっとあるはずです。



軽く微笑んだ表情を意識し、


それを心がけるだけでその人の雰囲気はかなり変わってくると思います。



そういうことに意識が向かないばかりに、


自分にとって普通のあり方が自らに不利益をもたらしているとしたら、


それは大きな損失です。



気づかないまま時間を過ごし続けるとしたらかなり悲劇的です。



◆鏡で表情を確認することだけで、


人生の流れを変えることもできると思います。



      渋沢 栄一 著  

         →  渋沢栄一論語の読み方




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

09:44:42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2230】〔『人間がつくったAIに人間が支配される』とされる根拠〕 | ホーム | 【気づき2228】〔思い込みで失敗しない自分になる〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3965-3de25b45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |