FC2ブログ
【気づき2242】〔人生の浮き沈みを抑える力〕
2018 / 04 / 07 ( Sat )





◆手に職をつけたほうがいいということは昔から言われていることです。



生きていくためには、自分にしかできないことがあったほうが有利なのです。



それは、生きる上での差別化ということになります。



◆そこで、より難易度の高い技術や知識を修得することが、


その差別化をより明確にすることになります。



医師や弁護士などの資格取得が


成功の象徴のようにいわれるのはこのような理屈によります。



◆しかし、せっかく差別化をはかることに成功し、


限られた人しかできない仕事に従事したのに


それを続けられないという不運なことも起こりえます。



そのような状況をもし迎えたとしても、


その後の人生をスムーズに出発できる態勢を


ふだんの生活のなかで培っておくことが肝心です。



◆ふだんからできる、自分の身を守る方法とは?



それはあまりにもありきたりなことですが、


常識的な普通の人づきあいができるかどうかです。



このふつうなことをふつうにやることは意外にむずかしいことです。



めざすは、人間性の上での差別化をはかることです。



◆「いつも笑顔」「人のために動く」「常に責任感をもつ」



できそうでなかなかできないことをやるには、


生まれつきの性格に加えて、


鍛錬する姿勢がないと達成できないものです。



      渋沢 栄一 著  

         →  渋沢栄一論語の読み方




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:36:20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2243】〔ふだん忘れていること〕 | ホーム | 【気づき2241】〔すべてを自分の肥やしにする生き方〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3978-f0cba2b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |