FC2ブログ
【気づき2248】〔今日からできる、働き方の意識改革〕
2018 / 04 / 13 ( Fri )





◆日本の社会の生産性は、欧米に比べるとかなり低いという評価がなされています。



その根本的な理由は、欧米では不良品が出たら返品してもらえばいいという考えです。



それに対し、日本では不良品を出すこと自体をしないように考えます。



つまり、日本では、不良品を出さないために、


切磋琢磨し、慎重に確認をするというところに、


時間と労力をかけるので生産性が上がらないのです。



◆国民性から考えると、生産性を上げるという観点は、


日本人の性にはあっていないのかもしれません。



しかし、その歯止めがないから、


高度成長時代の会社に缶詰状態になる風潮が


さほどかわらないまま時間を過ごしてきてしまったといえます。



結局、意識改革がないままきてしまい、


真の国際化を迎えきれていないのです。



適度な意識の切り換えがないと現状の打破はできません。



◆人間の脳は、寝ている間に記憶を整理・固定するといいます。



不要な記憶を消去し、


脳としてのキャパを最大限に確保する仕組みが備わっているのです。



つまり、連続したインプットだけでは知識を吸収することはできないのです。



脳のパフォーマンスを上げるためには、


インプットをした上で休息し、


記憶・固定を促すというプロセスが必要なのです。



◆これは起床し、活動し、


そして夜には休息を取るというリズムが


人間の遺伝子に組み込まれているということです。



そうであるならば、一日より短いスパン、また一日より長いスパンでも


同じようなリズムを実現したほうが


人間としての能力をより高めていくことができるということではないでしょうか。



◆いろんなことを頭に詰め込んだときには、


眠らないまでもしばらく安息の時間を取り、


考えを定着させることが必要です。



また、1週間、1ヶ月というスパンで、ゆったり、ぼんやりと


自分のその時の状況を眺める時間が、


自分の考えを鮮明にしたり、新たな気づきを得るために必要であるように感じます。



◆この視点は、働き方を変えること、生産性を上げるために必要な視点ではないでしょうか。



集中して仕事をする、必要な休息を取る、


しかも一日の仕事時間には区切りをつけるというリズムを


日本社会全体が身につけるべき時代を迎えたといえます。



      渋沢 栄一 著  

         →  渋沢栄一論語の読み方




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:29:42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2249】〔記念日に、自分を振り返る〕 | ホーム | 【気づき2247】〔正月に立てた計画の行方〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3984-94dd8a1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |