FC2ブログ
【気づき2251】〔上司の命令口調は、当たり前か〕
2018 / 04 / 16 ( Mon )





◆時には、上司であった人が年齢などの要件で役職を解かれ、


上司と部下の立場が逆転するということも起こります。



その際、年下であった部下が年上の上司であった人の上役になった際に、


急に元上司に命令口調でぞんざいな言葉遣いになることがあります。



◆その光景に私は非常に違和感を覚えるのです。



なぜなら、組織のなかの上司部下というのは、


組織の目標を達成するための役割分担、命令系統の確認です。



したがって、その組織のなかにおいて、


上司は部下より権限を持っており、それゆえ責任も思いというだけのことです。



別に人間的な偉さの格付けではないはずであると思うからです。



◆組織のなかで上位に格付けされればされるほど、


人を支配するような気持ちになる人がいます。



指図どおりに人が動くのですからそのように感じるのも自然かもしれません。



しかし、実際に必要以上に支配されていると感じたら、


部下は必要のない屈辱感を味わうことになり、


その組織にとっても上司個人にとってもマイナスに働くことになります。



◆そういう意味では、上司になるということは、


組織の求めることの明確化、それを押し進めるための自分の役割、


そして自分の立場やあり方を客観的に眺めることができないといけません。



そのような視点を持つ人が管理職につく組織を作ることをめざすことは、


より高次元なことであるとはいえ、


組織繁栄、存続には必要なことではないかと感じます。



      渋沢 栄一 著  

         →  渋沢栄一論語の読み方




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

22:18:34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2252】〔自分の脳力を最大限に使うために〕 | ホーム | 【気づき2250】〔忘れている自分を取り戻す〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/3987-a09c739c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |