FC2ブログ
【気づき2269】〔天才と凡人の違い〕
2018 / 05 / 04 ( Fri )





◆若手ダンサーとして最近注目されている、菅原小春さん。



三浦大知さんとのコラボで、キレッキレッのダンスを披露しています。



その彼女が、


「明日は、今日よりもダンスがもっと上手になりたい」


「そういう思いに追っかけられている」


というようなことをトーク番組で語っていました。



◆そんな彼女の生き方、思い方というものは並外れた勢いがあるといえます。



このような熱い思いが幼少期の頃から彼女の心に渦巻いていたとしたら、


彼女は幼い頃かなり苦しんだのかもしれません。



その才能が才能として評価されていないときには、


それが彼女の才能ということが理解できない大人たちは


彼女の思いや行動を異常なものとして捉え、


抑えこもうとしたかもしれません。



それだけの激しさはふつう存在するものではありません。



それは彼女が天才と言われる所以かもしれないのです。



◆天才と凡人の違いは何でしょうか。



知能とかその道での才能がずば抜けているといるのが


天才ということは間違いのないことです。



それに加えて、実際の成果を出していないにもかかわらず、


成果を発揮するための蓄積を間違いなくしていくという人も天才の部類に入ります。



◆菅原小春さんは、幼いころより押さえられない情動に突き動かされて、


ある意味やむにやまれる思いで体を動かしてきたように思います。



苦しくなるときもあったでしょうが、どうしようもなく動き続けてきたのでしょう。



常に必死な思いで過ごし、


成果を常に積み上げ続けるあり方をしてきた方のようにお見受けします。



これがある時間経つと、やはり開花するときが訪れることを感じます。



◆そういう理屈のない情動が自分にないとしたら、


それを導き出す方法はないものでしょうか。



それを見つけるためには、少なくとも、


考え、行動するという積み重ねがないと実現しないものと思います。



◆「自分と対話すること」


「世の中,身の回りで起こっていることを知ること」


「それについて自分の見解を持つこと」


を常に繰り返すことで、


自分が絞り込みたい課題、自分が求めている課題を凝集していくしかありません。



何もせずにただじっとしているよりは、


とにかく行動をしたほうが次なる展開を迎えることができることは間違いのないことです。



      渋沢 栄一 著  

         →  渋沢栄一論語の読み方




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:34:01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2270】〔電話対応の怖さ、大切さを知る〕 | ホーム | 【気づき2268】〔責任の丸投げは、自分の首を絞める〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4005-54d56b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |