FC2ブログ
【気づき2273】〔歯痛も、自分を見直すいいチャンス〕
2018 / 05 / 08 ( Tue )





◆歯が痛いと、それが気になりやるべきことに集中できません。



気力も落ちるので、


てきぱきと物事を処理できないことになり、


効率は落ちることになります。



痛いというつらさ、集中できないつらさ、物事を処理していけないつらさが重なります。



◆気持ちにつらいことを抱えているときも、


体に不具合があるときと同様に、


つらいことが気になり何度も心を引きもどされます。



気力も失せ、やるべきことに集中できません。



やはり、心の場合も、


解決しきれないことを抱えるつらさ、


それゆえ気持ちのエネルギーが分散してしまうつらさ、


気が晴れないつらさを味わうことになります。



◆一時的にせよ、


体や心に不具合が起きただけで、


生活に大きく影響します。



骨折したり、時には歯痛だけでも、それを実感します。



心の重荷についても同様です。



体、心に不具合がなければ、いつもどおりに自由にできるのです。



ふだん当たり前と思っていることが、


実は恵まれた状態であることがわからないまま生きているということです。



◆取るに足りない不自由さを経験しても、


そのもどかしさ、つらさを感じるのですから、


毎日恵まれていることをもっと意識し感謝してもいいと思います。



◆また、体や心に、いつもはないつらいことが起こったときは、



ふだん通りに動けないので、いつもよりペースを落とさざるを得ません。



その時にいつも通りではないことを嘆く気持ちに支配されないで、


いつもの自分の姿を客観的に見る機会にしてはどうでしょうか。



それまでは自分にとって最高の時間の過ごし方と思っていても、


あらためて確認してみると修正したほうがいいようなタイミングもあります。



◆状況の経時変化に対応する、大きなチャンスなのかもしれません。



      森  信三 著  

         →  下学雑話 森信三語録




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

22:04:05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2274】〔人と信頼関係をつくるための原則〕 | ホーム | 【気づき2272】〔調子にのるとつまずく訳〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4009-14f05bb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |