【気づき2277】〔組織でのトラブルは、個人の問題だけで起こるのではない〕
2018 / 05 / 12 ( Sat )





◆職場で職員のふさわしくない態度や言葉がもとで、


業務に支障が出ることがあります。



当然当人のあり方に修正は必要です。



しかし、当人の非だけではなく、組織の体制も影響していることがあります。



◆つまり、組織に所属すると、


人は組織外の人(お客など)の影響を受けることに加え、


同僚、上司、組織のルールという圧力を受けます。



その圧力が正当なものかどうかということを


確認する必要も場合によってはあるのです。



各種ハラスメント以外にも、


組織としての不備が組織の構成員に負担を強いていることもあるのです。



◆温かい組織、冷たい組織という区分、表現の仕方が


成立するかどうかは分かりません。



しかし、トラブルの全てを個人の責任とみなす組織は、


冷たい組織と言っていいのではないでしょうか。



基本的な人権を守るためには、


組織として整備すべきことをクリアしていないとその実現は思うようにはいきません。



◆このような観点があり実践している組織ばかりではありません。



が、今後はそれぐらいの視点は当たり前になることでしょう。



そのような雰囲気のなかで、初めて各人に足らないところを気づいてもらい、


さらに成長を促すという経路が普通のことになるのでしょう。



◆何についてどのように考えるかを具体的に話し合い、


その目標達成を上司と共にめざして、


人の力を引き上げていくというのがまっとうな組織です。



そうでないと、結局、人のことを擦り切れるまで使い古す、


見殺しをよしとする組織になるのではないでしょうか。



      森  信三 著  

         →  下学雑話 森信三語録




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

22:41:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2278】〔身近な題材から学びを得て、仕事に活かす〕 | ホーム | 【気づき2276】〔話を聞いてもらえる営業担当者が実践していること〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4013-dacf005d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |