FC2ブログ
【気づき2279】〔自分で無になる時間をつくる〕
2018 / 05 / 14 ( Mon )





◆無になるということはけっこうむずかしいことです。



なんだかんだと、つい考えてしまうものです。



生きていくためには人と関わらないといけないのですが、


人と接することはエネルギーのいることであり、緊張を伴うものであり、


それゆえ多くのことを考えてしまうものです。



◆くわえて、今の情報過多な状態も心を無にすることを妨げている一つの要因です。



情報が自動で手元まで飛び込んでくるのですから、


情報の受け止め方のルールを定めておかないと翻弄されることになります。



◆「心」「無」「工夫」という言葉から連想されることを考えてみます。



そのうちの一つに、坐禅が浮かんでくると思います。



坐禅はいつでもどこでもできるわけではないので、


坐禅の際の心の持ち方である瞑想を活用することは有効です。



◆深呼吸、肩の力を抜く、空を見上げる、


これだけのことでも頭や心を休めることはできるものです。



これから梅雨、夏にかけてストレスの溜まりやすい時季を迎えます。



ストレスをためてから処理するということではなく、


小刻みに解消して、


いい状態を維持することを心がけてもいいのではないでしょうか。



      森  信三 著  

         →  下学雑話 森信三語録




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:13:54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2280】〔感謝の気持ちを生きる支えにする〕 | ホーム | 【気づき2278】〔身近な題材から学びを得て、仕事に活かす〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4015-0de6f7dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |