FC2ブログ
【気づき2283】〔何を軸にして生きるか〕
2018 / 05 / 18 ( Fri )





◆いい評価というものは、


評価されるべきことを1つ1つ積み重ねていくことで出来上がっていくものです。



「廊下に落ちているゴミを拾う」「笑顔で挨拶する」「感謝の言葉を伝える」



どんなに小さなことであったとしても、


積み上げることによってそれは成るのです。



◆同じように、悪い評価というものも積み重ねて出来上がっていきます。



しかも、ふだんの生活(私生活)だけでなく、


仕事においても同じことがあてはまります。



◆評価というものはイメージで出来上がる面もあります。



いたらない点が目立ち、しかも肝心な所で示しのつかないことをすると、


自然とあるいは必然的に評価は徐々に落ちていくものです。



そのような事態を招かないためには、


不断の努力や教えてもらったり協力をもらえる謙虚さが人格に備わる必要があります。



◆しかし、生きている意味は人に評価されることだけではないという割り切り方もあります。



評価を気にするというよりも、


「何のために、何を、どのように積み上げるか」


を意識することが大切なのかもしれません。



それが定まり、集中して生きていけることが幸せであるのかもしれません。



      森  信三 著  

         →  下学雑話 森信三語録




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

09:38:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2284】〔日記を書いて、楽観的になる〕 | ホーム | 【気づき2282】〔脳の楽観回路を、うまくつかって人生を豊かにする〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4019-6144e362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |