FC2ブログ
【気づき2284】〔日記を書いて、楽観的になる〕
2018 / 05 / 19 ( Sat )





◆「きっと、うまくいく」「もしかしたら、失敗するかも」



人の心はどちらに傾きやすいものでしょうか。



その傾向をさぐる実験によりますと、


人間の脳は、悲観的なことよりも楽観的なことを想像しやすいようです。



◆そのような特性が私たちの脳には備わっているのです。



その仕組みを上手に使うために、


「うまくいく」という思いをより強く感じるための機会を多く設定すればいいわけです。



脳内の回路はイメージすることで働くようになっているからです。



◆身の回りの人たちを見ていて、楽観的な人と悲観的な人に分かれます。



本来、人間は楽観的であるらしいので、


身の回りの楽観的な人にその極意を教えてもらえばいいのです。



つまり、楽観的に生きている人の考え方を聞かせてもらうことが人生の参考になるのです。



◆楽観的な人が全て実行しているとは限りませんが、


楽観的考えを維持するためのトレーニング方法として日記を書くことがお勧めということです。



その理由は、日記という形で記録をつけることにより、


記憶や思考が目に見えるようになり、


それによってその意味や場面を再確認できるからです。



脳の回路は、


イメージすることで働くという特性を十二分に活用していることになります。



◆もし、日記を書く時間が取れないとしても、


その日一日にあった楽しいことを思い浮かべて、


明日への希望につなげるだけでも大いに価値があると思われます。



      森  信三 著  

         →  下学雑話 森信三語録




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

22:33:08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2285】〔自分に問いかけ、常に前向き〕 | ホーム | 【気づき2283】〔何を軸にして生きるか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4020-f916cdb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |