FC2ブログ
【気づき2286】〔信用を失うには手間はかからない〕
2018 / 05 / 21 ( Mon )





◆信念といわないまでも自分のあり方を定め、


それを貫いている人のことを人は信用するものだと思います。



ところが、少しでも信用を損なうことを起こせば、


それを機にその人の信用が全くなくなることもあります。



◆芸能人や政治家などのスキャンダルはその最たる例です。



それを見てもよくわかりますが、


いったん信用をなくすとそれを回復することは非常にむずかしくなります。



◆せっかく積み上げたものが、


人の信用を裏切る行為で容易に崩れ去ります。



そのような事態を招いてしまったら、


そこからどう生きていくかをあらためて考え直さなければなりません。



自分に非があることで信用を失墜したら、


自分を取り巻く環境が大きく変わることを覚悟しなければなりません。



◆このようなことは全ての人に起こり得ます。



相応の影響があることを、それぞれがふだんから考えておくことが必要です。



「これぐらいのことは、まあ許されるか」「しかし、もし公になったら、ただでは済まないかも」



自問自答してみてまずいと思うならば、


それを避ける決断ができないと意味がありません。



◆冷静に考えてみたら、


基本はきちんとした生き方であったのに間がさした結果転落してしまった場合、


もともとのペースで真面目に積み上げていくしかありません。



そういう状況を迎えた場面を思い起こしてみたら、それは惨めなものです。



それがわかっているとしたら、


自分が落ちていく前に自分を自分で救わなければなりません。



◆「愚かなことは考えるべきでない」



このような課題で自分と対話する時間をもつことで、


少しは自分を守ることができると思います。



      森  信三 著  

         →  下学雑話 森信三語録




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

22:18:29 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2287】〔どんな天候にも感謝ができるか〕 | ホーム | 【気づき2285】〔自分に問いかけ、常に前向き〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4022-7fac852c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |