FC2ブログ
【気づき2296】〔自分の立ち位置を知ろうとする感性〕
2018 / 05 / 31 ( Thu )





◆毎朝、職場に着いたら、建物の屋上まで行きます。



屋上にある空調設備や電気設備の機器類の異状がないかを確認するためです。



その際に、この春先くらいから、


同じ種類の鳥2匹が毎日近寄ってくるようになりました。



◆毎朝、日によっては夕方に屋上に行っても、


すぐ近くまで来てくれるのでうれしく思っていました。



ところが、ある時ふと気づきました。



「縄張り争いをする鳥もいるよな」



そこで調べてみると、いつも近寄ってくるのは「ハクセキレイ」という鳥でした。



ハクセキレイはやはり、縄張り争いをして近寄る他の鳥を追い払うというのです。



しかも、つがいで行動することが多いとあります。



結局、人と動物のふれあいどころではなく、


わたしは彼らの縄張りへの侵入者であったのです。



道理で、ずいぶんにぎやかに鳴くものだと思いました。



◆このいきさつを通して、しみじみ思うことがあります。



つまり、


身の回りで起こっていることの事情がわからないまま過ごしていると、


図らずも自分がとんでもない立ち位置にいることがあるということです。



自分の立ち位置を知る視点を持つこと、


そしてそれを確認しようと努力すること、


加えて状況を教えてくれる人との関係をもつことが大切だとつくずく思います。



◆少なくとも、


自分の立ち位置が原因で


自分が窮地に立たされることがあるかもしれないと考え及ぶだけでも合格です。



人との関係においてそういう視点がないとしたら、


その人はまわりから「鈍感な人」「無神経な人」のレッテルを貼られ、


人間関係の発展にとって妨げになることもあるかもしれません。



      森  信三 著  

         →  下学雑話 森信三語録




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

08:33:21 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2297】〔心の中を整理する〕 | ホーム | 【気づき2295】〔些細なことだけど、大切なこと〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4032-383cb05c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |