FC2ブログ
【気づき2309】〔気持ちをすり減らさず、逆に仕事を楽しめるあり方〕
2018 / 06 / 13 ( Wed )





◆精密加工装置メーカーのディスコ社は、


部門別採算制度ばかりでなく従業員の個人収支制度を導入し、


生産性をあげていることで有名です。



この仕組みにより、


役職についているとか役職でないとかということより、


「自分が何をどうしたいかを考え、提案し、賛同者を募り、行動する」


ことがやりがいや収入を変えていくことになるようです。



◆仕事中に解決すべき課題が起こった場合、


その解決策をひねり出すのは誰の役割でしょうか。



多くの組織でその課題が部署の責任者に上がり、


責任者が方策を提案するということになっているのではないでしょうか。



◆どんなに経験があり、知能が高くても、


起こってくる課題を常に一人で受け止め、


対処し続けるということは大変なことです。



冷静に考えると、


これは特定の人の気持ちのエネルギーや持ち時間を


消耗させる仕組みといえるのではないでしょうか。



◆「三人寄れば文殊の知恵」といいます。



3人でなく2人であっても、お互いに意見を述べ合い、相手の考えを聞くだけで、


新たな発想のきっかけをいくつも得ることができます。



その結果、課題解決の効率があがるだけでなく、


仕事のやり方を向上させるという意味で、


働く面白みまで得ることができるのです。



◆所属する組織の仕組みを変えることができないとしたら、


自分が変わるしかありません。



周りの人をプラスの渦に巻き込むという日々のスタンスが、


自分をすり減らさないためにも必要です。



      森  信三 著  

         →  下学雑話 森信三語録




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:09:12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2310】〔『私はここにいます』のサインを無視できますか〕 | ホーム | 【気づき2308】〔心の充足を、自らつかむ努力をする〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4045-1dbf4f3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |