FC2ブログ
【気づき2331】〔『我を張る』ことはいけないことなのか〕
2018 / 07 / 05 ( Thu )





◆「自分を貫く」という言葉のイメージは、


志を持ってその達成にむけて努力し続けるというものです。



そこには、周りの人も認める信念を感じます。



それに対し、「我を張る」という語は、


周りとのバランスを崩すというところまで、自分の思いを優先することです。



◆程度の差こそあれ、人は我を張る生き物です。



それゆえ苦しみがあります。



そうであるにもかかわらず、


なかなかその苦しみから抜けられないのが私たち人間の性なのです。



◆極論ですが、我を張ることをやめれば心の平穏が訪れるということです。



しかし、性格はなかなか変えられるものではありません。



だから、変えようと思わない限り変わらないのです。



結局、それぞれの生きる意味によって、


性格を変えようと思うかどうかが違ってくるのでしょう。



周りとの関連は一切抜きにして、思い通りに生きていくのか。



それとも、周りとの兼ね合いを少しは考慮して生きるのか。



◆もし、この世に生まれてきた理由が、


「全ての人に役割があるから」としたらどうでしょうか。



その役割を全うするためには、


自分の思い方だけを通すあり方ではうまくいかないのではないでしょうか。



それこそ、我を通すことをひかえたうえで


自分を貫くようなあり方が必要になってきます。



◆このように考えた上で、


性格の変化を自ら迎える努力を「人間性を磨く」という言葉に置き換えたら、


日本の風土にあった、受け入れやすい考え方に近づく気がします。



人間性を磨くことは、心の平穏を得ると共に、


自らの役割を果たすために必要なことなのです。



      森  信三 著  

         →  下学雑話 森信三語録




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:27:54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<【気づき2332】〔あなたは『自分らしく』生きていますか〕 | ホーム | 【気づき2330】〔身近な希望を、自分で紡げ〕>>
コメント
----

歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
by: omachi * 2018/07/05 19:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4067-05aa7d87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |