FC2ブログ
【気づき2371】〔人生に影響を及ぼす、感謝の気持ち〕
2018 / 08 / 14 ( Tue )





◆阪神大震災のときに現地にボランティアに出向きました。



その際、瓦礫の撤去も手付かずであった時点で


東灘区の銭湯が営業を再開してくれました。



汗を流せて、温かいお湯に浸かることができることが、


こんなにもありがたいことかということをあらためて気づかせてくれました。



◆このような思いを体験させてもらうためには、


それを教えてくれた方がいたからです。



自らも被災者であるにもかかわらず、


銭湯を再建してくださった方の思いと行動があったからです。



銭湯を利用する人たちは皆、


入浴料金を支払う際に「どうもありがとう」と口々に番台の人に伝えていました。



そのような場面を見ることができたのは、


自分の人生にも大きく影響しています。



ありがたい経験です。



◆アメリカでの統計ですが、


いつも心楽しくいられる人のうちの多くは寝る前に


「感謝の日記」「感謝の記録」をつけているとのことです。



成功した実業家も実体験を書籍にして評判にもなりました。



そういう人たちは、楽観的で健康であり、


しかも身体を動かすことでも幸せを感じられる傾向もあるようです。



◆記録をつけないとしても、寝る前の5分に、


今日あったことを思い出して、


感謝したいことを5つ挙げるだけでもいいのです。



「今朝、熟睡のあと、すっきり目覚めることができた」


「息子と一緒にプールに行けた」


「学生時代によく聞いた、思い出の曲がラジオでかかった」


「食べるものがあり、おいしく摂取できた」


「ゆっくりと読書ができて、気持ちをリフレッシュできた」



◆感謝をしたときに訪れる穏やかな感覚を


いつも心に抱いている人とそうではない人の、


どちらの人が安定した気持ちでいられ、


人とのかかわりも順調であるかは想像がつくのではないでしょうか。



      安岡 正篤 著  

         →  論語の活学新装版



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

07:44:15 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2372】〔感動するスイッチを入れる工夫〕 | ホーム | 【気づき2370】〔『後がない』は、脳を活性化させる〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4107-1a483728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |