FC2ブログ
【気づき2386】〔ねたむ、怒る、愚痴るは、自分を低める行為〕
2018 / 08 / 29 ( Wed )





◆「ねたむ」、「いかる」、「愚痴る」。



この3つは仏教のなかで煩悩として挙げられており、


人間の苦しみの根源として教えられていることです。



◆仏教の三毒と勘違いしてされていることがありイコールではないようですが、


人が陥りやすいところであるので、


十分意識して避ける努力をしたほうがよいです。



◆「ねたむ」

-人をねたむということは自分もほしいと思っているからですから、

欲にかられている状態です。



「怒る」

-怒っているときは、

自分の価値観が相手とかなりかけ離れている時です。

しかし、相手には相手の考えがあったうえでのことかもしれません。



「愚痴る」

-愚痴るということは、

愚痴っている本人が誰かを低める発言をしているわけです。

それを強制的に聞かされている周りの人は、

発言者の評価を低めたり、疎んじることにつながります。



◆結局、上のような煩悩にとらわれると、


まず自分の取り組むべき課題について全うに取り組むことができなくなっていること、


人が近寄ってくれて情報をくれる状態ではないことになります。



◆日常的によくとらわれるこの煩悩ですが、


それを避けることを決意し、


いつも記憶にとどめておく価値はとてつもなく大きいです。



      安岡 正篤 著  

         →  論語の活学新装版



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:20:48 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2387】〔何かに縛られて生きていませんか〕 | ホーム | 【気づき2385】〔つまはじきになる理由を考える〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4122-c9cb8aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |