FC2ブログ
【気づき2391】〔自分は自分、自分の思いを確認して立つ〕
2018 / 09 / 03 ( Mon )





◆今は見かけませんが、


一昔ふた昔前まで、


雑誌で「結婚適齢期は~歳」などという記事が堂々と掲載されていました。



当時の風潮でもあったのでしょうか、


そのような情報に読者が翻弄されている時代でした。



◆また、「結婚して~年経ったら~である」とか、「勝ち組、負け組み」とか、


いろんなことを雑誌が発信しました。



ある意味、世の中の人の心理を感じ取る感性があったからこそ、


その視点が間違っていなかったからこそ世間は反応したのでしょう。



◆そのような時代を経て30年経ち、


その頃の情報と自分の生の感想を照らし合わせてみることができる年齢になりました。



当時の風潮と自分の現実の答えあわせをしてみることができるのです。



その結果は、


「当たっているところもあるし、そうでないところもある」


「当時、もしもっと気にしていたら、自分は雑誌に翻弄されて、不安になったかもしれない」


というところです。



◆世の中の流れに逆らうことはなかなかむずかしいことかもしれません。



しかし、本意ではないのにそれにむやみに流れされることは悔しいことですし、


また非常に危険なことでもあると思います。



人を操るような力に負けているということは、


自分の思いが抑えつけられているということになるのですから。



◆人は人、自分は自分。



ただし、


その自分というものがしっかり確立できていないと


自分の思うように立っていることはできません。



ふだんから自分はどう生きるか、何をするかなどを確認する、


もしくは、もしそれがしっかりと固まっていないにしても


形にしようとする思いを持ち続けることが大切だと思います。



      安岡 正篤 著  

         →  論語の活学新装版



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:25:05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2392】〔思ったことをその都度言葉にできていますか〕 | ホーム | 【気づき2390】〔生き方を探り、確認し、決める〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4127-f1816b8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |