FC2ブログ
【気づき2392】〔思ったことをその都度言葉にできていますか〕
2018 / 09 / 04 ( Tue )





◆日本では、思ったことを表明することは基本的には自由です。



当然のことながら、


法で定められているようなこともあり、


それは差し控えなければなりません。



また、ふだんの人間関係の中でも、


常識的な範囲で最低限気をつけるべきこともあります。



◆しかし、逆に、


言ってはいけないことではないのに、


言わないままであることがけっこうあるものです。



「できれば伝えたいけれど、あらためて伝えるのもおかしいことだからやめておく」


ということは、


当人にとって実は不完全燃焼というべき状態ではないでしょうか。



「表現不足である」と感じるのであれば、


思い切って伝えるしかありません。



◆「やってみたい」と自覚はしているけれど、


実行できていないことがあるものです。



それを、思い直して試してみることで、


違った展開を迎えることができるものです。



◆いつも行っているお店が


営業をしてくれていることが「ありがたい」と思うのなら、


奮起してそれを伝えればいいのです。



思っていても、言葉にしない限り相手には絶対に伝わりません。



突拍子がないので驚かれるかもしれないし、


そこを考えると気恥ずかしくなるのかもしれません。



しかし、結局伝えないまま長い時間を過ごし、


伝えたい相手がこの世を去ってしまう例は枚挙に暇がありません。



こうなると、後悔するしか他にやることがなくなります。



◆伝えたいことを素直に伝えることは、


意外にむずかしいことです。



しかし、伝えることにより、


伝えた側は思いを伝えることができてすっきりします。



伝えられた側も、


ふだん言ってもらえないことを言葉にしてもらうわけなので


うれしく感じるものなのです。



◆些細なことであったとしても、


自分が思うことがあったらそれをすんなり伝える練習を繰り返すことで、


自分の人生も近くにいてくれる人の人生も豊かになるとしたら、


やらないわけにはいかないのではないでしょうか。



      安岡 正篤 著  

         →  論語の活学新装版



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

08:01:40 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2393】〔感じる、そして行動する〕 | ホーム | 【気づき2391】〔自分は自分、自分の思いを確認して立つ〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4128-b1646bc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |