FC2ブログ
【気づき2402】〔今の自分は、以前お世話になった人のおかげ〕
2018 / 09 / 14 ( Fri )





◆「もしも、あのとき~していたら」


と空想をすることは、


脳を一番活性化するということを茂木健一郎氏の本で以前学びました。



そのことを久しく忘れていたので、


ここにきて、


「なぜいま、自分はここにいるか」


「もし、あのとき~に会えていなかったら」


ということについて、思いを巡らせてみました。



◆結局、いまここにいるのは、


分岐点で誰かにお世話になっているからであるということがよりはっきりします。



今の職場を紹介してくれた方がいたからこそ、私は今ここにいます。



その前の職場を紹介してくれた方もいました。



その前の職場を紹介してくれた方は、


高校の後輩が引き合わせてくれたので、


高校の後輩とつながっていなければ、


今の私はいないのです。



そして、そのように考え続けていくと、


結局、高校に行かせてもらった親がいたからこそ今の私がいるのです。



◆「もし、あのとき~と出会っていなかったら」


という前提でいろんなことを考えていくと、


それにしたがって、


もう忘れかけているようなことが念頭に浮かび上がります。



「あのとき、~に~と言っておけばよかった」


「~してあげていればよかった」


という、心の底に沈みこんでいた思いが浮上してきます。



しかし、それ以上に、


ずいぶんと人にお世話になっていることがあらためてわかります。



そうであるのに、


お世話になったその人に


きちんと感謝の言葉を伝えたのかどうかをはっきりと覚えていないのです。



きちんとお礼の言葉をお伝えしていない人がいるのもはっきり確認が取れます。



◆今私がやるべきことは、脳の活性化の前に、


しかるべき人にしかるべき言葉をきちんと伝えることであるようです。



親にはそれなりの言葉を表面したことがありますが、


高齢でもあるのでもう一度しっかり伝えておきます。



また、節目でお世話になった人にも謝意を表明することにします。



◆脳の活性化という目的とは違う形になりましたが、


必要なことを気づかせていただき、ありがたい限りです。



      安岡 正篤 著  

         →  論語の活学新装版



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:22:23 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2403】〔結婚当時の自分を思い起こし、妻のことを捉え直す〕 | ホーム | 【気づき2401】〔気持ちを浄化させる言葉を書き留め、都度読み返す〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4138-2a272464
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |