FC2ブログ
【気づき2407】〔『そつなくこなす』人は、日常課題の名プロデューサー〕
2018 / 09 / 19 ( Wed )





◆与えられた多岐にわたる課題を、


そつなくこなす人がいます。



そういう人に対して、


「あの人は器用貧乏だから」というような表現をする人がいますが、


その言葉の使い方は誤りです。



◆そつなくこなすとは、


「要領よく、うまくやり遂げる」という意味です。



一人で対応すること、


また複数の力を合わせてやることにおいても、


課題をクリアできる能力を持ち合わせているのです。



広い範囲のことを考え、


課題処理に必要な要件に気づき、


行動することが前提となります。



しかも、人の協力を得るためには、


説明する力も必要ですが、


人柄(人となり)も大きく影響してきます。



◆映画や音楽作品をプロデュースする際には、


当然軸になる作品がなければ話になりませんが、


それだけでは世に出ることはありません。



予算の調達や管理、広告媒体との折衝、人事の采配など、


全体的視野を持ち、


かつ統括的な役割を担う人の存在が必須なのです。



◆映画のプロデュースとは事の大きさが違うにしても、


日常の課題を解決するということは、


求められる状況を1つ1つプロデュースしていくということです。



つまり、「そつなくこなす」力がある人は、


そんなに目立つことはないのですが、


ある意味、名プロデューサーなのです。



器用貧乏などという言葉を当てることは、


正当に評価していないことになるのではないでしょうか。



      和田 秀樹 著  

         →  自分だけはいつも「自分の味方」



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:11:35 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2408】〔組織の中の、早めに取り除くべきところ〕 | ホーム | 【気づき2406】〔人が去ったあとに、その人の事実が浮かび上がる〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4143-bd52205a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |