FC2ブログ
【気づき2413】〔喫煙を、社会と自分のつながりのなかで考える〕
2018 / 09 / 25 ( Tue )





◆職場のある地域の医師会から定期的に広報誌が届きます。



今回のテーマは、禁煙でした。



成功のためには、


①禁煙開始日を決める、②禁煙する理由を紙に書く、③周囲に宣言すること、」


が効果的であるということです。



また、禁煙達成のコツとして、


「きっぱりやめる」、「小刻みにゴールを設ける」、「やめことによる、いい変化を確認する」


ことが挙げられていました。



◆「こうしよう」と決めるだけで、


それを押し通すことができることもあるかもしれません。



しかし、時間の経過のなかでは心の葛藤というものが必ずあります。



心が揺らいだときに、


自分に言い聞かせられる理由をはっきりと確認しておくことが肝心です。



それが必要なことは、禁煙体験者として合点がいくところです。



◆数年前までと今では、


喫煙に対する考え方が大きく変わってきています。



分煙に始まり、建物内での喫煙禁止から敷地内での禁止へと徐々に変化してきました。



この社会に起こっている変化を個人的な変化に、


「どのようにつなげていくか」あるいは「つなげていこうとするか」が課題です。



◆喫煙している人の中には禁煙しようとしてできていない人もいますが、


禁煙しようとしていない人がいるのも事実です。



社会という括りと自分の関係性はふだん意識に上らないことではあります。



しかし、喫煙のことを契機に、


社会と自分の接点を見出すきっかけとすることができると思います。



◆そうすることで、


もしかしたら喫煙の課題について


新たな視点がみつかるのではないかと感じます。



      和田 秀樹 著  

         →  自分だけはいつも「自分の味方」



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

05:19:50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2414】〔人になじむ力は、身を助ける〕 | ホーム | 【気づき2412】〔『受容』とは、「認める」ことではなく「現状を知る」こと〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4149-dc2c6772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |