FC2ブログ
【気づき2429】〔マイナスがマイナスを呼ぶ悪循環を断ち切る〕
2018 / 10 / 11 ( Thu )





◆疲れが溜まっていたり、睡眠不足であると、


朝起床したときから気持ちが沈うつな状態です。



しかし、本来ならば、


朝起きたときが一番疲れもないはずなのです。



それが正反対の状態であるということは、


何か不具合があるということです。



◆その不具合の原因を確かめることも必要ですが、


その前に、その日一日を楽しく、しかも有意義に過ごすためにすることがあります。



それは、とにかく、すっきりと目が覚めるように、シャワーを浴びるとか、


濃いコーヒーを飲むなどの行動にでることです。



◆ある程度の重さのある雪の玉を


降り積もったばかりの傾斜地で転がすと、


その玉はどんどん大きくなっていきます。



雪玉は重力によって移動しているだけなのに、


自然とまわりの雪をひっつけて大きくなっていきます。



◆同様に、朝から無気力で、


しかも不平や不満が意識の一番上にある状態のまま職場や学校に出向くと、


雪玉が雪をひきつけるように、


その無気力な不平不満に満ちた心が、


周りにある気に食わない要素をどんどん吸収してしまいます。



ふだん思わない不満を思い、人の存在を疎んじたりします。



特に、つきあいを避けたいと思っている人物に対して変な勘繰りをして、


自分の心理状態をさらに刺々しいものにするという悪循環も迎えてしまいます。



◆そんな心持ちで過ごしていて楽しいわけがなく、


しかも人間関係がうまくいくはずがありません。



最悪、人との関係に完全な亀裂が入るような事件を引き起こしかねません。



◆朝一番に「今日は調子が悪い」と思ったら、


とにかく、


「つまらないことは考えず、今日をやり抜く!」


と心の中で叫んで動き始めることです。



それこそ、


こういうときは必要以上の不利益をこうむらないために、


根性で乗り切る覚悟をすることも必要です。



      和田 秀樹 著  

         →  自分だけはいつも「自分の味方」



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

09:56:09 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2430】〔自由に生きるための練習〕 | ホーム | 【気づき2428】〔感性を高めて、得られるもの〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4165-441e9233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |