FC2ブログ
【気づき2437】〔仕事で、『先んずれば制す』を実践する〕
2018 / 10 / 19 ( Fri )





◆突発的に、急いで対応しなければならないことが起こることがあります。



その際、もともとやらなければならなかったことに加えて、


最優先してやることができるのですから大変です。



きちんとした対応ができたかどうかは、


やったあとにしかわからないような事態です。



◆そんなときに心がけるべきことは、


とにかくできることは何かを確認し、


それをできるだけ早く実行することです。



それをクリアし続けていくためには、


何をするにしても、


効率を上げて事をこなしていくしかありません。



これまで同じような場面に何回か出くわし、


なんとか切り抜けてきました。



しかし、クリアできたには、それなりの根拠があったと自覚しています。



◆適切な表現ではないかもしれませんが、


仕事をやっつけないといけないときには、


実際やっつけるしかありません。



理屈ではないのです。



そういう時に心がけていることは、


「先んずれば制す」ということです。



先んずる相手というのは、もちろん仕事のことです。



その仕事とどう向き合うか、そこが課題です。



◆人が仕事を進めるためには、最低限の時間が必要です。



そこで、仕事に先んずるためには、


時間をうまくつくること、


そして時間をうまく使うことが大切です。



そのためには、見なくてもいいTVを見ないで早く寝て、


そして朝は早く起きるというリズムの滑り出しが必要です。



次には、その勢いで仕事場には朝早く行き、


仕事の優先順位を確認し細かいことも片付けていく段取りを決めた上で、


肝心な課題に取り組むことがまずはスタートです。



◆ただ、仕事を効率よく片付けようと思い、


早く寝て、早く起きて、仕事に早くいくということだけなのに、


頭が冴えて、しかも動くほどに勢いがつくのです。



しかも、タイミングもよくなるのです。



自然と事態が収拾するのです。



会いたい人にうまく会えたり、


会いたいと思った人が向こうから尋ねてくれることもあります。



◆これは理屈の上では説明がつかないことです。



しかし、もしそれが錯覚であったとしても、


そういう偶然が身に起こり、


そしてそのことにより自分がラッキーと思えて幸せな気持ちでいられるのも


こういうあり方のメリットかもしれません。



◆とにかく、このような成り行きを実際に経験したら、


先んずることは大事であり、


その結果「先んずれば制す」ということを実感できます。



やるかやらないかはあなた次第です。



      和田 秀樹 著  

         →  自分だけはいつも「自分の味方」



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:11:08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2438】〔ちょっとした工夫で、豊かに,おおらかに生きる〕 | ホーム | 【気づき2436】〔裏表のある人の社会貢献度について〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4173-41393a89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |