FC2ブログ
【気づき2443】〔目先にとらわれない自分を貫く〕
2018 / 10 / 25 ( Thu )





◆朝、学校や職場に行くと大勢の人に会います。



その時に、会う人全てに挨拶をするのがめんどうだと感じることもあるでしょう。



さすがに無視はしないまでも、


挨拶をてきとうに返してやり過ごすというあり方もあります。



◆逆に、一人ひとり別の人なのだから、


きちんと挨拶をするという考えもあります。



震災や洪水などの自然災害を経験するなかで、


身近な人が急にいなくなるという経験をした人たちや


そのような事実を重く受け止めた人は、


挨拶できることに感謝をして、


一人ひとり丁寧に返すという姿勢の方もいらっしゃるようです。



◆「続ける」ということは大切なことです。



続けるという題材のなかで、


挨拶というものは非常に価値の高いものであることは間違いのないことです。



それは価値が高いだけでなく、


続けた後に続けた人にだけ与えられる評価があると思うのです。



それを実践している人のブランディング化にも


つながるのではないかと思います。



◆なぜなら、挨拶とは、


挨拶を投げかけた人の存在を認める行為だからです。



「おはようございます」と投げかけた人に


同じように「おはようございます」と答えることは、


「私に挨拶をしてくれてありがとう。

私もあなたがそこにいることを確認していますよ」


という返答になるからです。



◆こんなに大事な挨拶をないがしろにしたくはありません。



だけど、そこまで感じている人はほとんどいません。



だからこそ、相手の方への返答をしっかりしたいという理由に加え、


そんな大事なことを地道にやり続けて


目に見えない実績を積み上げるという意味で、


わたしは続けたいと思います。



      和田 秀樹 著  

         →  自分だけはいつも「自分の味方」



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:23:53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2444】【上司と部下のうまいつきあい方】 | ホーム | 【気づき2442】〔あわてたときに、自分を取り戻す方法〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4179-684a4d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |