FC2ブログ
【気づき2444】【上司と部下のうまいつきあい方】
2018 / 10 / 26 ( Fri )





◆社会人になり仕事に通うようになったら、


当然のことながら、


仕事に関する知識や手順などをいち早く覚えなければなりません。



それに加えて、


会社の内外における人との付き合い方についても学ぶことになります。



内部においては、


上司と部下の関係などはけっこう大きなテーマとなります。



◆人と人との関係ですからいろんなことが起こります。



それは役職であるとかそうではないというような条件を考えるより前に、


まずは人と人とのつきあいという奥の深い課題であるのです。



そこに、上司と部下という要素も加わるとさらに複雑な話になります。



そこで、多くの人が悩んだり考えたりするということになるのでしょう。



◆松下幸之助氏は、


上司との接し方について具体的に提示してくれています。



「上位者の長所をみるように心がけて尊敬し、


短所はつとめて補うように心がけることが大切」


と表明しているのです。



◆実際に、「尊敬」「補う」気が起こらないから悩んでいるということに着目し、


そこをあえて実行することがいいと言っているのです。



この考え方は、自分の中からだけでは決して起こらないものです。



それだけに、


貴重なアドバイスになるのではないかと期待して、


試してみる価値があるのではないでしょうか。



◆思わぬ視点ではありますが、


実績のある大先輩、大御所が時代を越えて教えてくれているのですから、


もしかしたら大きな収穫がある可能性があると期待してもいいのではないでしょうか。



◆しかも、この方針が自分にとって身のあるものであり、


この方法をどんな時にでも行使できるようになったとしたら鬼に金棒です。



人が真似できない真の実力を身につけたことになるのです。



      和田 秀樹 著  

         →  自分だけはいつも「自分の味方」



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:41:56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2445】〔『たかが一日、されど一日』〕 | ホーム | 【気づき2443】〔目先にとらわれない自分を貫く〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4180-4c0d99e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |