FC2ブログ
【気づき2458】〔社会の役に立つために、自分がやるべきこと,できること〕
2018 / 11 / 09 ( Fri )





◆職場を退職した元同僚が、


数年後に職場を訪ねてきた場面に何回か遭遇したことがあります。



彼らが必ず言うことは、


「ずいぶん変わったね」ということです。



何が変わったのかを問うと、


組織の構成員のことだけではなく、


職員の動き方、時間の使い方、その基になるルール、


そして全体の雰囲気などの変化を見てそういう印象を受けるようです。



◆それは、しばらく離れていた人にだけ感じられるもので、


組織内にずっと留まっている者には感じられにくいものです。



そこで言えることは、


変化を感じることはできないとしても、


実際に変化は起こっているということです。



◆人間の体は、約60兆個の細胞が集まってできているようです。



しかも、その細胞は、


皮膚,内臓,血液,骨などの部位によって差はあるものの、


数十日~数年周期で入れ替わっているというのです。



生き物として、少なくとも生命を維持するために、


さらには進化するために必要な仕組みということができるのでしょう。



◆人間の作る組織も、


人間の体と同様、維持・進歩するためには


代謝が必要なのだということを感じます。



人間の体の細胞にあたるのは、


組織のなかでは構成員一人ひとりということになります。



そう考えると、組織が維持されて更に進歩発展するためには、


個人としてその組織の役に立つために


やはり進歩発展していかなければならないと思います。



◆「自分は何をするか」「自分はどうあるか」を


このような視点から考えることもできるのだと思います。



      和田 秀樹 著  

         →  自分だけはいつも「自分の味方」



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:28:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2459】〔『頑(かたく)な』と『筋を通す』は似て非なるもの〕 | ホーム | 【気づき2457】〔『それでいい』より『それがいい』〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4194-18623985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |