FC2ブログ
【気づき2464】〔ストレス社会で身につけておくべきもの〕
2018 / 11 / 15 ( Thu )





◆今の世はストレス社会と言われます。



それは科学の進歩に伴い、


私たちの生活が変わってきたことによるものです。



しかも、その変化は今も続いているばかりでなく、


その速度は徐々に増しているのです。



◆一次産業中心の時代は、


作物などの生産物の収穫、運搬、販売、加工という動きを


社会全体が分業して成り立っていました。



効率が良くなかった分、


体を動かす度合いが高かったのが実状です。



そして、製造,建設という二次産業中心の時代に移行すると、


工場や建築の現場で体を動かすということに変化していきます。



そして、三次,四次産業へと移行するにつれて、


体を動かすよりも頭脳を使うことの多い産業が


社会をリードする世の中になりました。



◆人類の歴史を振り返ると、


当然のことながら人類は進歩発展しています。



様々な変化を自ら創生し、そして順応してきたといえます。



また、その発展を別の視点から見ると、


体を使う度合いを減少させ、


頭脳精神をより働かせるという実態があります。



この変化が、今の世がストレス社会であることに


影響していることは間違いないことではないかと考えられます。



◆わたしたち人間は生身の動物です。



自然のなかで育まれた特性を持ち合わせています。



その特性を活かさないあり方を続けると、


動物としての生存のサイクルが狂ってくることは自然なことです。



そこで、サイクルを狂わせないための心身に関する知識が必要となります。



自分を守るという意味で、


そのような知識を身につけることが


必須の時代になったと言うこともできるのではないでしょうか。



      和田 秀樹 著  

         →  自分だけはいつも「自分の味方」



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:33:01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2465】〔自分を曲げないあり方を探る〕 | ホーム | 【気づき2463】〔待つことも、人を救うためには大切な要素〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4200-92df503b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |