FC2ブログ
【気づき2478】〔本能と本望を区別する〕
2018 / 11 / 29 ( Thu )





◆人には、生き物として生命を維持するために必要な本能が備わっています。



それは、心(思い方)や体の仕組みの双方に見られます。



◆たとえば、ジョギングをしていているとき、


後ろから人が近づいてくると、


それまで少しダウンしていたペースが自然に上がってしまうことがあります。



そのとき、漠然と


「抜かれるのはいやだ」とか「負けたくない」という思いが頭をよぎるのです。


追われると逃げる、負けたくないと思うことは、


これは生きるために与えられた本能ではないでしょうか。



◆わたしたちは人間という種類の動物です。



しかし、他の多くの動物とは違い、


本能とは別に各人の本望というものも自覚します。



「後ろから人が走ってきたとしても、自分は自分のペースで歩くほうが楽しい」


と思ったら、


そちらにそった行動を取ることができるのです。



◆なんとなく早く歩いてしまうのではなく、


自分のペースを維持することが自分のあり方を保持したことになるのです。



◆本能と本望のせめぎ合いの中で自分の位置を見つけ、


貫いた方がその人の特色を現したことになりますし、


当人も充実感を得るのではないでしょうか。



◆そういうあり方こそが「その人らしさ」ではないでしょうか。



      和田 秀樹 著  

         →  自分だけはいつも「自分の味方」



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:13:34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2479】〔ビッグデータ活用の成否の鍵は、節度?〕 | ホーム | 【気づき2477】〔段取りをする理由〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4214-1c3bb57f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |