FC2ブログ
【気づき2480】〔しなやかな心の強さを得るには〕
2018 / 12 / 01 ( Sat )





◆仕事の上で注意をされることがあります。



注意されたことに異論があったとしても、


注意された点について謙虚に耳を傾けることが必要です。



反発するだけではなく、


なぜ注意されることになったのかという経緯を確認することで、


正当に自分の立場を説明すべきところはそれができるし、


それまで気づけなかったことに気づけることにもなります。



◆人は、注意を受けると身構えます。



なぜなら、注意を受けることは、


特定のことについてとはいえ、


その人の否定という意味合いがあります。



そこで、受け入れるべきことであっても、


本能的に反発することになるのかもしれません。



◆ただ、短絡的に反発するというだけの


心の強さをもっていても意味がありません。



また、注意を受けたということだけで心が萎えるということも、


長い人生を生きていくためには弱すぎます。



状況を柔軟に受け止められる、


しなやかな心の強さが求められます。



◆しかし、柔軟な、しなやかな心を持つということは至難の業です。



踏ん張るために強さが必要ですが、


適度な強さでは心に負荷がかかったときに苦しさを感じます。



そこで、過度の強さを身につけてしまうことが多くなります。



また、これも自分がきつくなることを避けるためですが、


人の上位に立つようなあり方(偉そうなあり方)を強行して


マイナスを背負っている人もいます。



◆バランスの取れた心のあり方をしながらも、


しなやかな強さをもって生き抜けるということはすごいことです。



このような状態を維持するためには、


努力を積み重ね、周りから認められ、


自分自身で


「こうすればこういうことができる」「こういう風になれる」


という経験と自信をもっていることも、


その大きな後ろ盾になるのではないでしょうか。



      和田 秀樹 著  

         →  自分だけはいつも「自分の味方」



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

07:00:37 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2481】〔いまは、価値観を見直すタイミング〕 | ホーム | 【気づき2479】〔ビッグデータ活用の成否の鍵は、節度?〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4216-b3a81406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |