FC2ブログ
【気づき2482】〔人手不足であろうと、組織構成員の質は維持したい〕
2018 / 12 / 03 ( Mon )





◆どの領域でも人手不足の時代です。



そこで、少し能力が足りない、配慮が足りない人でも、


いないよりはいたほうがいいという考えに傾きがちであると思います。



しかし、もしそのままの状態が長く続けば続くほど、


組織にとっては万全の態勢ではないということに代わりはありません。



実際、よりすぐれた人にきてもらうことに越したことはないのです。



◆今の時代、労務問題は非常にデリケートです。



個人の評価をするにしても、


当人が不当な扱いを受けたと思われない


客観性の高い基準が必要になります。



しかも、その評価をしたことを記録し、当人に伝え、


課題を明確にし、さらにそれを再評価し、


それも記録するということをしなければなりません。



◆企業というものは、人が集まって仕事をしています。



それは、ただ給料をもらうためではなく、


共通の目的を達成するためにも集結しています。



したがって、その目的達成のために機能していない面があったら、


組織はそこを指摘し、修正するように指示することができます。



たとえ人手不足でも、


より高い水準の構成員を集めることを諦めてはいけません。



◆やはり、組織の構成員の質は大切です。



人員が減り、一時的に負担が増えることを避けるよりも、


少し負担が増えても、


気持ちよく、張り合いをもって仕事に向き合える組織のほうが、


かえって明るく、不必要な疲れを感じないで済む組織になると思います。



      和田 秀樹 著  

         →  自分だけはいつも「自分の味方」



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:35:07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき2483】〔自分を知る機会を持つ〕 | ホーム | 【気づき2481】〔いまは、価値観を見直すタイミング〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/4218-778f8594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |